低侵襲医療

  • TOP » 
  • 低侵襲医療

〜生涯に一度の大切な手術、痛みや負担の少ない選択肢を〜
避妊手術、腹腔内停留精巣の去勢手術を、わんちゃんねこちゃんにとって、痛みや負担の少ない腹腔鏡手術で行ってあげませんか?

腹腔鏡手術とは

従来、開腹手術は視野や操作性を良くするため、大きくお腹を開けて行われます。腹腔鏡手術は、2-10mmの傷口数カ所で行える手術です。
切開部にトロッカーという筒状の器具を設置し、CO2ガスをお腹に送気しお腹の中に空間を作ります。細いカメラや器具をトロッカー通してお腹の中に入れて、モニターを見ながらお腹の中で手術を行います。その後、切除した物を小さな傷口から体外へ出します。

トロッカーを設置しています。

トロッカーを通して細いカメラや器具をお腹の中に入れて、モニターを見ながらお腹の中で手術を行います。

小さな傷口から卵巣および子宮を摘出しています。

術後写真

開腹手術に比べ、傷口が小さいことが分かります。

腹腔鏡下における避妊手術

開腹下における避妊手術

腹腔鏡手術のメリットやデメリット

メリット

  • 手術の傷口が小さいため、痛みや侵襲が少ない。
  • 手術の傷口が小さいため、手術創の離開といったリスクが低い。
  • 術後回復が早く、術後管理の必要性や入院日数が少なくなる。
  • 視野が明瞭で、尿管などの組織損傷や出血といった手術合併症を生じるリスクが低い。

デメリット

  • 特殊な専門設備が必要となる。
  • 高度な専門技術や知識が必要となる。
  • 開腹手術と比べ、人手や滅菌などの準備が必要となる。
  • 適応な手術が限られる。
  • 設備使用のため、手術費用が少し高くなってしまう。

腹腔鏡手術を実施したオーナー様からのお言葉

今回2頭目の避妊手術を腹腔鏡手術で行いました。切開手術よりも圧倒的に傷口が小さく、手術後の食欲も旺盛で走り回っていたので、手術をしたのを忘れる位元気でした。人間と同じで、傷口は小さい方が痛みが少ないのだと実感いたしました。

腹腔鏡避妊手術。先生に勧めていただき開腹手術から変更し良かったです。犬の負担等、分かりやすい説明を受け納得でき良かったです。

腹腔鏡手術を行って頂きました。事前に手術の様子を見せて頂く事もでき、安心して受ける事ができました。傷口も小さく、術後もすぐ元気になったので良かったと思います。

イメージ

047-409-3906
(祝日、日曜日午後休診)