体内に糸を残さない手術

 当院では、体内に糸を残さず、また手術時間の短縮を可能とする「超音波手術システム(ソノサージ)」を導入しています。

  ソノサージ
写真1
  ソノサージ
写真2

写真1、2コメント:
通常血管は、糸で結紮し剪刀で切断するのですが、超音波手術システム(ソノサージ)は、超音波振動による摩擦熱により、血管を凝固および切開する事を可能とします。そのため、手術時間の短縮につながり麻酔の負担も減らす事が可能となります。

<実際の去勢手術における使用例>

手術で体内に残された糸が原因で「縫合糸反応性肉芽腫」という炎症の塊が体内に発生する事があります。これは、手術で使用した糸に対して、体が異物反応を起こしてしまうために生じる疾患です。一般的に、動物病院で最も実施される事が多い手術が、避妊手術や去勢手術となります。当院では、避妊手術や去勢手術を含め、多くの手術に「超音波手術システム(ソノサージ)」を使用し、「縫合糸反応性肉芽腫」の予防に心がけております。

<縫合糸反応性肉芽腫と診断した症例>
他院で避妊手術を実施した症例です。左側腎臓尾側に腫瘤(できもの)が見つかり、精査のためCT検査および細胞診を実施いたしました。

ソノサージ
写真3

写真3コメント:
左下腹部背側に辺縁やや不整な孤立性腫瘤(白矢印)が認められます。腫瘤内部に結節状の微細な石灰化(黄矢印)が認められ、この石灰化が縫合糸と思われます。


トリミング
当院における手術症例 CT検査
体内に糸を残さない手術
しつけ外来
二次診療
診療スケジュール
輸血ドナーご協力のお願い
里親募集
スタッフ募集
アニコム損害保険株式会社
ひがし東京夜間救急動物医療センター