輸血ドナーのご協力のお願い

犬や猫にも人と同様に、輸血が必要となる様々な疾患があります。
輸血さえ出来れば救える命があります。
輸血さえ出来れば、もっと安全に手術が可能になる患者がいます。
しかしながら、日本には動物医療における広域で利用可能な献血システムがありません。
 当院では、病気や急な手術などで輸血が必要な場合に、迅速に対応出来るよう、血液ドナー犬・猫を募集しています。
ひとつでも多くの大切な命を守るため、是非、皆様の献血へのご理解と血液ドナー登録へのご協力をよろしくお願いいたします。

輸血ドナー登録条件
当病院の患者様であり、輸血が必要な時に来院できるオーナー様
Dog
年齢:1-8歳
体重:15Kg以上
毎年の狂犬病・混合ワクチン接種・フィラリア予防
輸血歴がない
妊娠・出産歴がない
採血時におとなしくしてくれる子
Cat
年齢:1-8歳
体重:4Kg以上
毎年混合ワクチン接種
輸血歴がない
妊娠・出産歴がない
猫免疫不全ウイルス(FIV)・猫白血病ウイルス(FeLV)が陰性
採血時におとなしくしてくれる子、または鎮静をかけさせてもらえる子

ドナー登録時の検査(無料)
・ 血液検査
・ 血液型検査
・ フィラリア検査(犬)
・ 猫免疫不全ウイルス(FIV)・猫白血病ウイルス(FeLV)検査

献血までの流れ
① ドナー登録の旨をお伝え下さい(要予約)。
 病院に来院して頂き、検査後にドナー登録をします。
 ※ ドナー登録および登録にかかわる検査は無料です。
           ↓
② 輸血が必要になった時に病院から電話連絡が入ります。
           ↓
③ 来院して頂き、身体検査と血液検査をします(無料)。
           ↓
④ 検査に特に大きな異常がなければ、採血をします。
 ※ ドナー猫は場合により鎮静が必要なこともあります。
 ※ 採血時、毛刈りをさせて頂く場合もございます。
           ↓
⑤ 採血が終わったら、皮下点滴をして体調に問題がなければいつも通りに帰宅して頂けます。

いつ自分のペットが、輸血を必要とする疾患にかかるか分かりません。
皆様の助け合い、ボランティア精神が必要とされています。
詳しくは、当院スタッフまでお気軽にお尋ね下さい。
皆様のご協力を心よりお待ちしております。

トリミング
しつけ外来
CT検査
二次診療
診療スケジュール
輸血ドナーご協力のお願い
里親募集
スタッフ募集
アニコム損害保険株式会社
ひがし東京夜間救急動物医療センター